常勤看護師が安定した仕事を得るために

常勤の看護師が安定した仕事を得るためには、精神的、体力的に無理のない状態で仕事を進められる条件が揃っているかどうかによります。なかなか休暇が取得出来ない、残業が多いとなれば、色々な場面で限界を迎えてしまい、仕事を続ける気力を失ってしまいます。平均的な休暇の取得や残業の有無などを含め、看護師の働きやすさを病院、そこで働く看護師自身が考える必要が出て来ます。病院は、看護師が看護師として仕事が続けやすいような環境整備が求められており、それが安定数の確保にも繋がるということを自覚しつつあります。では、看護師の求人サイトから厚待遇と考えられるものを紹介し、長く続けるという意味で働きやすいかどうかを考えてみましょう。

高収入の病院看護師求人
●経験5年で月収40万円以上
●看護師1年目の年収が540万円以上
●昨年賞与実績7.5カ月分支給

厚待遇の病院看護師求人
●退職金勤続1年、企業年金基金、賞与年3回、年間休日120日
●企業立病院
●有給消化率85%の病院
●新人看護師の1年未満の離職率8年連続0の病院

新体制病院の看護師求人
●平成24年内に新規完成する病院の看護師募集
●日本最大の病院グループが運営する新病院の看護師募集
●全国で病院運営の実績がある地域医療振興協会が運営する病院の看護師募集

出典 看護師・求人.netより

他に言えることは、研修制度の充実や、非常勤看護師の一定数確保、転職者の離職率が低いことなどがあげられると考えられます。日勤のみの勤務か可能であったり、土日が休みなど、厚待遇と考えられる条件を自分で一通り挙げておき、希望している病院がそれに当てはまるのかどうか検討してみましょう。出産を機に看護師の仕事から離れてしまったという方には、院内保育の有無(無償、有償問わず。夜勤を考え、24時間かどうか)や、時短勤務の可、不可も重要な参考資料になるのではないでしょうか。安定した仕事を紹介しているサイトに出会うことも大切ですが、身近なところにそういった病院や医療関係の施設があればよいですね。

長く働く、資格を活かすという意味で、あくまで常勤の看護師が安定した仕事を得られることが考えられているかどうかが基準になります。ネットの社会は便利であり、そういった厚待遇をすぐに検索できるようになりました。新人として働くなら離職率が低く、研修制度が充実している病院を検索し、すでに勤続年数が長い方は、スキルアップ、給与アップを踏まえて転職を考えるタイミングが来るかもしれません。そんな時に、参考になるサイトをひとつ見つけておくと、いざその時が来た場合に対応しやすく、比較検討もしやすいのではないでしょうか。いざという時のために常日頃からサイトのチェックが出来る状態にしておくと、時間がある時を活用してサイトを閲覧し、今の自分のキャリアで他の病院に勤務している看護師とどんな待遇の差があるのかを知ることも出来ます。利用の方法は様々ありますので、上手に活用して安定した仕事が得られる状態にしておくことが理想と言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です